来日公演決定!武道館&大阪!!

★横着してまんまコピペです。後日まとめますので!!取り急ぎ!!



祝来日決定!
1982年の初来日公演から35年、“デュラン・デュラン”待望の日本公演決
定!ということで、今週はデュラン・デュランのベスト・アルバムをピッ
クアップしました!

1978年、イギリスはイングランド中部・バーミンガムにて結成されたデュ
ラン・デュラン。1980年代に起きたニューロマンティック・ムーブメント
の火付け役となり、そのルックスのよさやスタイリッシュさは出身国のイ
ギリスだけでなく、日本でも多くのファンの支持を得ました。

90年代、そして現在に至るまで、メンバーの変遷はありながらもコンスタ
ントに作品を発表し続け、2015年9月に、ワーナー・ブラザーズからシッ
クのナイル・ロジャース、マーク・ロンソンらをプロデュースに迎えたア
ルバム『ペイパー・ゴッズ』をリリースしています。

そんな彼らが時代を鮮やかに彩った「グラビアの美少女」、「プリーズ・
テル・ミー・ナウ」から、最新アルバム『ペイパー・ゴッズ』まで、今を
走り続けるデュラン・デュランを余すことなく堪能できるスペシャル・ラ
イヴが開催となります!日本武道館公演にはなんとCHIC feat. ナイル・
ロジャースの出演も決定!

【公演日程】

<東京公演>
9月20 日(水)日本武道館
■開場17:30 / 開演18:30(予定)
■料金(全席指定・税込)
SS 席(特典付):\25,500 S席:\16,500
A席:\14,500 B席:\12,500
※SS席の特典は後日、日本公演公式サイトにて発表致します。
★日本武道館公演のみCHIC feat. ナイル・ロジャースの出演決定!
★お問い合わせ先:キョードー東京0570-550-799
(平日11:00~18:00 / 日祝10:00~18:00)

<大阪公演>
9 月22 日(金)オリックス劇場
■開場18:00 / 開演19:00(予定)
■料金(全席指定・税込)
SS 席:\20,500 S席:\14,500 A席:\12,500
※SS席の特典は後日、日本公演公式サイトにて発表致します。
★お問い合わせ先:キョードー大阪0570-200-888(全日10:00~18:00)

■チケット最速先行予約(抽選)
7月21日(金)0:00~7月23日(日)23:59
受付URL:http://form.wmg.jp/us/c/JVn8?t1=M47&t2=Mve5vtfnJa
受付電話番号:0570-02-9517
■チケット一般発売日:8月18日(金)10:00~予定
■日本公演公式サイト:http://form.wmg.jp/us/c/JVnl?t1=M47&t2=Mve5vtfnJa
■招聘・企画制作:キョードー東京インターナショナル


[PR]
# by ddbj2 | 2017-07-21 23:59 | duran's news | Comments(0)

レコード・コレクターズ2016年11月号

今回ご紹介するのは、この雑誌。偶然立ち読みして、中身を見てビックリ!ご存じないデュラニーズの皆様も多いのでは?

d0282392_15351526.jpg


ストーンズ特集、ジミヘン等がメインですが、22ページからのカラーページに仰天!

d0282392_15375632.jpg


さらに、次頁でも2ショット!

d0282392_1538199.jpg


さらに、ココにも!

d0282392_1539485.jpg


これらの写真は別ショットで知ってはいたのですが、これを撮影されたのが、ゲレッド・マンコウィッツ氏であったことは知りませんでした。

記事の内容も、なかなかの読み応え。当時のフォトグラファーとレコード会社やアーティストの背景など楽しめます。

・・・で、手元の別ショットのご紹介&解説。

まずは、こちら。

d0282392_15425082.jpg


DVDとの2枚組みベスト盤のこのジャケットに採用されています。

d0282392_15431564.jpg


英国シングル「GIRLS ON FILM」ジャケット写真では、日本のみ発売の「NITE ROMANTICS」の裏ジャケットに別ショットが採用されていました。

d0282392_15434556.jpg


そして、この5人のカッコイイショット。
今回雑誌に掲載されている写真はどれもオリジナルネガから起こしているようで、素晴らしくキメ細かい画像です。本当に仰天でした。

d0282392_15441036.jpg


名盤ブート「DECADENT DURANTICS」の裏ジャケット全面に採用。これは、ゲレットさん、恐らくご存知ないでしょうね~(笑)。でも、雑誌掲載の方が明らかに解像度が数段上です!!

d0282392_15443247.jpg


まだ、本屋さんにこの11月号は陳列されていると思いますので、是非ご一読されることをお勧めします!!
記事の内容・写真とも、表題どおり、まさに「素晴らしき80年代」でした。天晴れ!!
[PR]
# by ddbj2 | 2016-11-06 15:51 | duran's news | Comments(0)

ニック・ローズが離脱!!

1ヶ月前に既に話題になっていたようです。ニック・ローズがこの夏のツアーから離脱しています。

先日動画がアップされた「Outside Lands Music & Arts Festival 2016」のライヴ映像を何気にみていたら、キーボーディストが、ニックではなさそう・・・。んん?女性?オイオイ、聞いてないよ~~(悲)。

d0282392_21261564.jpg


アナ・ロスの向かって左にいる女性が、その人。上記の映像はフルセットのプロショットで公開されているので、サイモンのメンバー紹介アナウンスからも聞き取れました。

d0282392_2217353.jpg


彼女は、MNDRと紹介されたアマンダ・ワーナー女史。シンガーソングライターでもあり、どうやらマーク・ロンソン繋がりで協力したようです。


・・・いや、そんなことよりも気になるニックの動向。

どうやら、『緊急の家族の問題に対応するために英国に戻っている』とのこと(ホントか????)。

一応、一時的な離脱のようで、『できるだけ早く帰ってくる』とのコトですが・・・サテサテ(冷や汗モンです)


※8月11日=続報!!オフィHPで出てました!
“Rest assured, I shall return”→(直訳)「安心して下さい、帰りますよ」(by安村風)
まずは、一安心!

[PR]
# by ddbj2 | 2016-08-09 21:36 | duran's news | Comments(0)

GIRLS ON FILM 1979 DEMO

突如リリースされた、1979年録音のデモ音源。クレオパトラレーベルから、一応正規盤としてのリリースですね。まずは、CDからご紹介を。

d0282392_18441167.jpg


確か、数年前に低音質は無料DLで、高音質は有料DLで、アンディー・ヴィケットのサイトでアップされていたような記憶があります。
今回のCDでは、高音質で文句無し!当時の息遣いが堪能できますね。1979年9月にBOB LAMBのスタジオで録音された4曲( Girls on Film, See-Me-Repeat-Me, Reincarnation ,Working the Steel)を収録。メンバーはFANE(アンディーヴィケット)、NIGEL(ジョンテイラー)NICK(ニックローズ)ROGER(ロジャーテイラー)の4人がこの収録盤のメンバーのようです。

まだまだ、この時期のDURANは垢抜けてないですね。マガジンやULTRAVOX!の猿真似とでも言いましょうか、この時期はシンプル・マインズの方が上でしょう。ただ、アンディー・テイラーとサイモン・ル・ボンを迎えてから、クラブアーティストから脱皮して、ポップスター路線に軌道修正した後は、歴史が証明するとおり、今に至ってます。


もちろん、アナログ盤も購入!こちらはクリアビニール仕様でした。

d0282392_18442883.jpg

[PR]
# by ddbj2 | 2016-03-13 18:54 | dd official item | Comments(2)

PAPER GODS - ANALOG 2LP

年内これだけは投稿しなければ・・・大変遅くなりました。アナログ・ビニール盤2枚組みです。
d0282392_20135710.jpg


オフィシャルのHPから、直のワーナーで購入しました。アメリカ経由で届いたのこのLP。てっきりUK盤と思ったのですが、US盤でもなく、PRINTED IN CANADAで肩透かし。
ですが、中身のレコード自体はUKプレスのようです。
d0282392_2019697.jpg

その他形状は、見開きジャケにクレジットが掲載されたインナーが入っています。

ん~。 EU盤がタワーやHMVで販売されているので、買いなおし・・・は止めました。なんせ、公式HP経由で購入してるんで(そのうち気が変わって購入すれば、またレポします=笑)

2015年もあっという間に大晦日。この間、DURANはUKツアーを慣行。セトリはHPで全公演アップされているので、ここでは割愛しますが、個人的には不満ですね。
「NEW MOON ON MONDAY」「TOO MUCH INFOMATION」などが復活していますが、メドレー形式でなんじゃこれ状態。YOU TUBEでの映像からは、まるで紅白歌合戦の特別メドレーみたく、消化不良。
この1STレグは、既に年内で終了。公式HPではシックとのジョイントUSツアーが春から開始のようです。
この1~3月に来日公演を期待していたのですが、日程的に困難でしょうか。

シックは日本では12月に来日済みなので、このUSツアーの流れでの来日公演は無いでしょうね。2016年の来日公演は単独ではやっぱり無理かな~~。でも期待せずにはいられません!!!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-12-31 20:26 | dd official item | Comments(0)

PAPER GODS - PAPER FORTUNE TELLER

今回はファンエディションCDに付属していた「折り紙」=PAPER FORTUNE TELLERの挑戦!の巻です。
まずは、展開の画像から。
d0282392_17335588.jpg

このように、単語と数字が書かれています。

説明書が同封されており、この通り折り続けると完成するらしい。
d0282392_1735555.jpg

・・・が、この説明の最後、どうやれば、14→15になるのか、サッパリ理解できず。


そこで、そもそも「FORTUNE TELLER」とは、なんぞや・・・と、調べました。


WIKIで調べると、英語では 「Paper fortune teller (紙の占い師)」、指で動かすことができるため、子供の占い遊びに用いられることもある。
遊び方の一例では、8分割されたそれぞれの場所に数字を書き込み、その後裏に何かメッセージを書く。
作者は4つの突起の下に指をいれ、半分だけ開いた状態で他の人に提示する。提示された人は見える数字を選び、作者はその数字に従って開閉操作を行う。開閉操作が終わったら再度見えている数字から1つを選ぶ。選ばれた数字の裏にかかれているメッセージを読み上げる、といったものらしい。ナルホド。


それでは気を取り直して、再開だ!
d0282392_1740327.jpg

ここまでは、OK。それでもって、指で広げます。
d0282392_17405322.jpg

を!それらしきカタチになってきたゾ。

上記の遊び方を参考にすれば、例えば、「1」を選んだとすれば・・・。
d0282392_1742409.jpg


この裏を広げると・・・。
d0282392_17432916.jpg

「PAPER GOD」!!
もし、「8」を選択していれば、「VAMPIRE」になる・・・これでイイのかな~~?
皆さんもオタメシあれ!!!


あ、ちなみに私は勇気が無いので、カラーコピーしたもので折りました(汗)。
[PR]
# by ddbj2 | 2015-10-24 17:47 | dd official item | Comments(0)

PAPER GODS - T-SHIRT

ファン・デラックス・エディションに付属されていたTシャツをご紹介。
バックプリントはシンプルかつロゴが映えてイイ感じですネ。
d0282392_11463021.jpg

正面は、ご存知の通り、アルバムジャケットそのままです。
d0282392_11471354.jpg

既にTシャツ1枚で過ごせる気候ではなくなりましたが、これを着て街中に出て行く勇気・・・(悲)。

詳細報告なので、この製品の原産地。タグにはメード・イン・ニカラグアとあります(あ、もちろんカタカナではありません)。中央アメリカの国ですね。
サイズですが、アメリカンサイズなどの大きな規格ではなく、日本での標準的なサイズ。当方Mサイズを購入。若干丈は長めかな。


続いては、雑誌に書かれたレビューの感想を。

現在発売中の「サンデー毎日/2015.10.25」の連載「恋する音楽」にデュランが1ページにわたって掲載されています。
このレビューですが、久しぶりに好感が持てる素晴らしい内容でした!週刊誌あなどるなかれ。
ライターの方は元「SWITCH」編集長であった方で、さすがに要点をおさえておられます。ニワカでは表現できない本文でした。また、「PG」を購入するために、売り切れ店舗が相次いで、計4軒もショップをハシゴされたとか・・・頭が下がります。
以下、いくつか本文からご紹介。

①メンバーはこれまでに脱退と補充と出戻りを繰り返し(=まさに、その通り!~笑)
②本格派志向へ脱皮するとセールスが落ち込み、崖っぷちに立たされると再ヒットを飛ばす、しぶとい根性の持ち主(=ナットク)
③「PG」はツボを押さえたサビの連発は鳥肌モノ(=同感っ!)
④サイモンの歌声は、適度な声量と品を兼ね備えながら、どこか浮ついている感じがいい(=スゴイ!この例えは、個人的には脱帽です!!!)
⑤「PG」はメッセージ色もありながら、シリアスになりすぎない軽薄さが絶妙(=ナルホド)

この内容であれば、次のアルバムやDVDなどがリリースされたら、この方にライナーを執筆していただきたいくらいです!!機会があれば、ご一読をオススメします!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-10-17 11:56 | Comments(0)

PAPER GODS - TARGET EXCLUSIVE

アメリカのみリリースの「PAPER GODS - TARGET EXCLUSIVE」のCDをご紹介。+2 EXTRA TRACKSのステッカーが貼ってあります。
d0282392_20163057.jpg


通常仕様盤の12曲に2曲を追加収録。ブックレットは無しで、曲のクレジットと4人のフォトが見開きに印刷されています。ボーナス2曲のうち「13. On Evil Beach」は先日の日本盤レビューをご参照くださいね。

14. Cinderella Ride
この曲はドム・ブラウンと4人の共作。プロデュースはDURANとJOSH、ミックスもJOSH。
曲調は「ASTRONAUT」のボートラでも違和感がない感じです。「TASTE THE SUMMER」に雰囲気が近いかな?
この曲も他のボートラ同様に、創りこみ手前で一旦完成させておきました、みたいな印象。パーカッションに始まり、ベース、シンセ&ギターが被さっていくという、彼ららしい曲。個人的には好みの嫌味のない曲ですので、この曲1曲のために4千円弱投資したのですが、ま~不満はありません。


そのリリース情報ですが、「SEVEN & THE RAGGED TIGER」「NOTORIOUS」「BIG THING」の3作が180g重量仕様のアナログでリリース。いずれもボーナス入りの2枚組になる様です。ワーナーからではなく、パーロフォンからのリリースらしいです。レーベルの版権はよく解らなくなってきました。

あ、アナログとTシャツの紹介は次回でしますので、よろしく(汗)。
[PR]
# by ddbj2 | 2015-10-10 20:35 | dd official item | Comments(0)

DURAN THE NEWS(2015-AUTUMN)

新譜セールスおよびプロモーション活動も順調なDURAN DURAN。各種雑誌等でも記事にされていますね。その一部ですがご紹介を。
d0282392_13475952.jpg

まずは、タワレコ店頭においてありますフリーペーパー「BOUNCE」383号。9月25日発行です。今回特集記事はNEW ORDERに譲り(笑)ましたが、ディスクレビューはキース新譜の横の目立つ場所に鎮座!同時期に発売のBON JOVIの新譜が地味な位置に掲載されていることと比べれば、実に微笑ましい。是非とも入手を!

次は「ロッキング・オン」誌11月号。こちらは表紙&ポスターはキースに譲りました(笑②)が、先月号に引き続き見開きカラーグラビアとジョンのインタビューなどを掲載。先月号は立ち読みでスルーしたのですが、今月号はジミーペイジ、ポールマッカートニー、デヴィッドボウイなどの記事もあり、迷わず購入です。
インタビュー記事も良かったのですが、それ以上に82~83年ごろの4ショットのモノクログラビアに眼を奪われました!!
d0282392_13573835.jpg

まるで、以前から4人のグループであったような(アンディーを外した?)4ショット!!レイアウト構成に脱帽です!これまた是非とも入手の価値アリですよ!!

その他、TVなどでも取り上げられてますね。今回は特に地上波での露出が順調のように感じます。某公共放送(注:「国営」放送と間違えている方が多いようですが)の音楽番組では、日本公演は規定路線と捉える事ができるコメントも↓
d0282392_1414979.jpg

公共放送が嘘の内容を放送すれば、結構叩かれる昨今ですので、このコメントをカットせずにオンエアしたということは、かなり期待しても良いのではと、個人的には思ってます!!!


その他、以前ご紹介していました書籍「幻のアルバム 失われた音を求めて / ブルーノ・マクドナルド著」を店頭で内容を確認しました。
DURAN DURANの未発表となった「REPORTAGE」も数ページに渡って掲載されていました。各アルバムに独自の仮想ジャケットなどがカラーで掲載されているのですが、内容自体に魅力を感じることが出来なかったので購入は先送り。
時代背景などロッキング・オンに以前掲載されていた内容と大差ない感じの情報量(アンディーにリリースの拒否権あるとの記載は興味深かったですが)。紙質は落としてもいいから2000円前後であれば購入したかな。ゴメンナサイ。


なお「PAPER GODS」ですが、アナログ等に続き、ターゲット盤と12曲入りレギュラー盤も入手しましたので、次回以降に取り上げますので、暫しお待ちを。。。
[PR]
# by ddbj2 | 2015-10-04 14:05 | duran's news | Comments(2)

PAPER GODS~FAN EDITION CD

発送完了メールが届いてから、約10日が経過し不安になっていましたが、ようやく手元に届きました!
オフィシャルHPのリンクからワーナー・ブラザーズにてオーダーです。アメリカから発送されてきました。恐る恐る開封・・・破損も無く一安心です。
d0282392_16581741.jpg

購入した内容は、ファンエディションCDとTシャツ付のアナログ盤です。

まず今回はCDから。宣伝画像のとおり、ジャケットは無地。中のブックレットは日本盤と写真等は同一。収録曲は日本盤-1曲の全15曲。
d0282392_1711080.jpg

そして、ステッカー・・・「各自ご自由にお貼りください」・・・「そんな勇気ありません!!変な貼り方になったら取り返しがつかないぞ!」

次に、アルバムのトレイラー映像でもニックが紹介していた「ORIGAMI(=折り紙)」が封入・・・「山折りOR谷折り間違ったら・・・(悲)!!また、折り目がついたら、元に戻せなくなるっ!」・・・カラーコピーしてから折ってみます(笑)。折りかたも丁寧に図示されてます。
この「折り紙」に明記されている単語は下記のとおりです。

 PAPER GOD/FIGHT IT/BLUE/TODAY/INVITE IT/ORANGE/TOMORROW/DREAMS/PINK/FUTURE/VAMPIRE/RED

なお、このファンエディションCDはCD盤本体およびブックレットともにUSA製でした。次回はアナログ盤とTシャツをアップしますね!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-09-23 17:05 | dd official item | Comments(0)

PAPER GODS ディスクレビュー

国内各種ストアのチャートでは上々の滑り出し!やっぱり、大手レーベル傘下に入るとプロモーションの展開も違いますね!それでは、個人的思い入れいっぱいの長尺レビューですが、最後までお付き合いを。
d0282392_1326264.jpg

M1:Paper Gods(feat. Mr Hudson)
キラーチューンから入らずに、あえて貫禄あるこの曲が1曲目。アルバムの序章的かつ象徴的なこの曲です。ニューロマの残り香的な雰囲気を感じさせつつ、7分強という長尺なわりには、ダルさを感じさせない。「俺たち、そんじょそこらのキャリアの浅いバンドじゃね~よ!」の自信が伺えるズッシリ腰の据わったナンバー。デヴィッド・ガーンが歌えば、デペッシュ・モードでも違和感ないかな?

M2:Last Night In The City(feat. Kiesza)
いきなり女性ボーカル「♪鼻から、セ・ツ・ナ~イ~~」(=嘘です。そう聴こえるんで・・・ゴメンナサイ)と、シンセの洪水で始まるアッパーなナンバー!デュラン王道サウンド「SUNRISE」的、お約束のロジャーのパーカッション・・・旧知のファンは納得の1曲。終盤の男性&女性コーラスで曲の厚みが深まります。

M3:You Kill Me With Silence
前曲で盛り上がったと思えば一転、予想外にもダーク調で聴く者を引き込む。とにかくサイモンの声が艶があって若い!ギターの入れ具合がロキシー・ミュージックのエッセンスを彷彿させる曲。

M4:Pressure Off(feat. Janelle Monae and Nile Rodgers)
問答無用のナイルとのコラボナンバー!「どうだ、コレで不満なヤツ、いねーだろっ!」みたいな自信作でしょう。「NOTORIOUS」と「IS THERE SOMETHING~」が合体した、といえばわかり易いかな。

M5:Face For Today
ストリングスサウンドで幕を開けるこの曲、中間部からの展開はAORではないのですが、最近のTOTO/トト(デビッド・ペイチ)を感じさせます。捨て曲ではありませんが、このアルバムの「箸休め的」な位置づけか。

M6:Danceophobia
これはモロEDM~ダンスフロアミュージック。チープなシンセに「ALL SHE WANTS IS」をDAFT PUNKが演ったらこんな仕上がり?とでもいいましょうか。中間部の語りはリンジー・ローハン!この曲にさらなるエロティックムードを加味させてます。
d0282392_16401371.jpg

M7:What Are The Chances?
のっけからフルシアンテのギターが炸裂!その後のストリングスとくれば、これはもう「ORDINARY WORLD」の世界へ。個人的には、サイモンのソロ曲「GREY LADY OFTHE SEA」と質感がダブる、サイモンお得意の牧歌的ナンバー。「FALLING DOWN」からの収穫ともいえる曲ではないでしょうか。

M8:Sunset Garage
車のエンジン音SEから、ノーランズ(!)の「恋のハッピーデイト」が脳裏をよぎるシンセフレーズ!この曲もモロEDMサウンド、中間部はバネッサ・パラッディ的フレンチな雰囲気も。展開部では、ベース・ラインを楽しむジョンの笑顔が浮かぶソロが秀逸。
アルバム全体では、流れの中の「繋ぎ」の位置づけ的な曲かな~。

M9:Change The Skyline(feat. Jonas Bjerre)
デジタルビートから始まる、メロディは平板ではなくシッカリ構築されたEDM。中間部のニックのキーボード・ソロも煌びやか。ナイルの参加曲ではありますが、この曲でのナイルの位置づけは控えめで、アクセント程度にとどめています。軽快なEDMですが、サビの部分では地平線の広大さを感じる一曲。

M10:Butterfly Girl
重いベースラインを冒頭に①ドムのリズムギター②ツアーメンバーでもあるアナ・ロスのコーラス③フルシアンテの変態チックなリードギターが絡む、バンドとがっぷり四つに組んだファンクサウンド!!マイ・フェイバリットです!

M11:Only In Dreams
神秘的なこの曲は、意外にもナイル&ロンソンとのコラボ曲。サウンドは随所にかなり凝った感があります。アルバムの終盤に相応しい内容。個人的なイメージでは「POINT OF NO RETURN」(「ASTRONAUT」収録曲)に近い手触りです。

M12:The Universe Alone
前曲がラストではなく、この曲がレギュラーなラストナンバー。アルバム「RCM」収録の「LAST MAN STANDING」を昇華させたような壮大な曲。この曲もサイモンのボーカルコンディションの良さが感じさせられます。エンディングのゴスペル調が終末感を煽ります。

---
以下は日本盤CD収録のボーナストラック。アルバム完成までのプロセスで、作りこみ半ばでデモ的に完結させたものでしょう。ハドソンのセレクトから最終的に外された(仕上げられなかった)曲群かな?

M13:Planet Roaring
「AYNIN」路線な曲。アルバムでは、ここで立ち止まらず、方向転換したことが、結果的に良かったと思ってます。ギターはスティーブ・ジョーンズ!アンディーの代役で弾いてます・・・まんま。

M14:On Evil Beach
曲のタイトルからも伺えますが、トロピカル路線~レゲエチックなスチールドラムが目立つ曲。とりあえず、完成形にして残しておきました的なナンバー。

M15:Valentine Stones
VISAGE?スクリッティ・ポリッティ??などが思い浮かぶサウンドに小気味良いリズムギターが絡む。どこかで聴いた事のあるようなメロディーとサビ・・・。

M16:Northern Lights
これまた、ULTRAVOXか?と思わせるオープニングで始まる曲。フルシアンテも参加しているので、アルバムの最終選考まで残った曲でしょうか。曲展開部の作りこみが甘く感じられ、アルバムに入れるには力強さに欠ける、地味な印象で閉じる曲。

---
最後までお付き合いありがとうございました。ボーナスはあくまでも「オマケ」ですので、個人的には12曲入りのスタンダード盤がオススメです。
d0282392_17231989.jpg

(偉そうですが)総評としては、前作「AYNIN」を「SEVEN & THE RAGGED TIGER」と位置づけて、「NOTORIOUS」と「BIG THING」をセットでリアルタイムに聴いた場合・・・様な印象です。

DURAN DURAN=彼らは、良い意味で「時代に媚びる」バンドだと、あらためて実感(つきあい長いですんで・・・笑)。そして、このアルバムは、アンディー・テイラー、ウォーレン・ククルロといった、パーマネントなギタリストがメンバーに居なかったことがプラスに作用したアルバムとなったと思います。
そして、何曲か引き合いに出しましたが、前々作「RCM」が布石になっている感じがしています。このアルバムが捨て盤ではなかったと、今棚から引っ張り出して聴いてます。また、ジョンのエレキ・ベースに拘らなかった感性には脱帽です。


さあ、後は日本公演を待つばかり!!あ、そうそう、ファンエディションCD(折り紙仕様ジャケ)、アナログ(Tシャツ付アイテム)を発注してますので、到着後はアップしますのでお楽しみに!!!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-09-18 22:26 | Comments(8)

PAPER GODS

あれ?発売日明日じゃなかった? 本日、到着しました!!日本盤『ペイパー・ゴッズ』!!

d0282392_21212071.jpg


そんなに直ぐディスクレビューできませんよ~。なんせ、5年ぶりの14作目ですので(汗)
とりあえずは、形状からです。

タイトルに合わせたか、「紙」ジャケ仕様!!通称「ペイパー・スリーヴ・ゴッズ」(冗談)
てっきり日本盤はプラケース仕様と疑わなかったので、正直驚き。ステッカーにも表記されたますが、“世界でも最も収録曲が多い全16曲”です。


一通り聴いた印象ですが、想定していたロンソン&ナイル色は濃くないです。
彼らの、「懐の深さを感じさせる一作」に仕上がったとでも言いましょうか。
そして、野心に満ちたオトナの(解説書にも明記されています→)パーティー・アルバム。
ロジャーのドラムは控えめ、前作では結構全面に出されていたドムのギターはほとんど(全く)裏方、ジョンのベースもシンセベースを多用・・・と、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)が主軸で少々外された感もありますが、コレはハマルアルバムになるかも?!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-09-10 21:35 | dd official item | Comments(0)

FOREVER YOUNG CANPAIGN 2015

柄にも無く「オトナ買い」をしてしまいました~。オリジナルアルバム8枚。
フォーエバー・ヤングシリーズですが、この度移籍のため、ワーナーからの再発売。

d0282392_18543659.jpg


当然ですが、中身は一緒。買う意味あるのか??(=当然)
新譜が出るワーナーさんに感謝の購入とで申しましょうか・・(こじつけ感アリアリ)。自己満足の世界です。
キャンペーンですが、応募してクラフトワークのCDが目出度く当選!このタイミングでの購入正解(こじつけ・その2)!機会があれば、みなさんもチャレンジしてみては?


新譜の情報ですが、日本盤は輸入盤のデラックス盤に1曲追加収録!タイトルは「ペイパー・ゴッズ」(=カタカナ=爆)。
http://shop.wmg.jp/shop/g/gWPCR-16696/

YOU TUBEには、「Last Night in the City (feat. Kiesza)」のレコーディング風景を公開。https://www.youtube.com/watch?v=ntKmq7RgN8A


そして、情報をもうひとつ。
「幻のアルバム 失われた音を求めて / ブルーノ・マクドナルド著」という書籍が、9月14日発売 されます。

この本は、ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、ジミ・ヘンドリックスなど、制作当時に何かしらの理由でお蔵入りとなり、陽の目を見なった「幻のアルバム」、音楽の歴史の中に埋没してしまった音源の数々を徹底的に調べ上げ、その真相を検証し、リリースの可能性までを探った一冊となるようです。
ここで特筆すべきは、なんと、DURAN DURANの未発表となった「REPORTAGE」も含まれているようです!商品画像に確かに確認できます!!

d0282392_19121686.jpg

アルバム「REPORTAGE」は「ASTRONAUT」の次作として、アンディー在籍時に制作されましたが、オクラ入りになった未発表アルバム。さて、内容はいかに!!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-08-30 19:15 | dd official item | Comments(0)

BILLBOARD JULY 25,2015

酷暑が続いた8月上旬まででしたが、新譜へのプロモーション活動は活発なデュラン・デュラン。
このサイトでお伝えするまでもなく、皆さん情報収集されておられるとは思います。新曲も今のところ4曲がYOU TUBEにアップされていますね。

①Pressure Off
https://www.youtube.com/watch?v=ZYpnpYDQdbk
(LIVE VERSION)
https://www.youtube.com/watch?v=oJhGUuulQEg
②Paper Gods
https://www.youtube.com/watch?v=gG3k7YJhf98
③You Kill Me With Silence
https://www.youtube.com/watch?v=yq_164toLuE
④What Are The Chances?
https://www.youtube.com/watch?v=5qWTHJnGf50

個人的な感想は、アルバム全曲を通しで聴いてからにしようかな?と思いつつも、Mロンソンの恩恵を直接受けているのは①のみで、後は自ら創りこんだ感があります(良い意味で)。
まだまだ納得できるキラーチューンは①だけなので、楽しみに待つこととします。


また、ニックによる新アルバムのメイキング映像「DURAN DURAN STUDIO TOUR」も第3弾でファイナル。
①https://www.youtube.com/watch?v=M28qYr_bUJ8
②https://www.youtube.com/watch?v=ULOXWp4tbwI
③https://www.youtube.com/watch?v=3Cw4facHLow
こちらの映像はコンパクトにまとめられているので、是非とも一見を。


ところで、チャート誌「ビルボード」の表紙を目出度く飾ったデュラン。‘LAST BAND STANDING’と題されてましたが、前々作の曲「LAST MAN STANDING」からのモジリでしょう。

d0282392_16502324.jpg


期待しながら購入したものの、私みたいに物欲ファンはともかく、購入はオススメしません。ビルボードのサイトで十分画像(さらに動画のインタビューも!)は拝めますのでね。

d0282392_16531226.jpg


大口開けて笑う彼ら!やっぱりコレじゃないと!!ホント、新譜期待してます!!!!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-08-10 22:17 | Comments(0)

RIO [DELUXE EDITION]

ようやく日本でもリリースとなった「リオ」の2枚組みCD。

d0282392_15304230.jpg

モノクロ・ブックレットは日本語の歌詞対訳付。ブックレットの翻訳も収録してます。私は日本人の解説ライナーより、このように本体に収録されている対訳を載せていただいたほうが好みです。デュラン生き字引きの部類の私では、知っているエピソードがほとんどなので・・・。

d0282392_15343490.jpg

今回はブック形式ではなく、見開きデジパックでした。残念ながら、2009年にリリースされたブック形式の写真はかなり割愛。相変わらず「リオ」の時代ではない、それ以降(「プリーズテルミーナウ」~「ユニオンオブザスネイク」時代)の写真を多く掲載。数を減らすなら、この時代錯誤の写真を選ぶなっ!て、言いたくなります。

また、残念な事に、当初HMV等でアナウンスされていたこの2枚組み、ダウンロード版のみ収録の「Rio (Collector's Edition)」に収録されていた2曲①My Own Way (Instrumental)・②Hold Back the Rain (Alternate )を収録するとの触れ込みで、即予約していたのですが、結局収録されず。これにはガッカリでした。

収録内容の詳細については、「リオ」のアルバムの各種全てを解説しないことには困難なので簡単に。
従来の本編CDは全て「CD用」のマスターからの発売及びリマスター盤でしたが、今回はオリジナルUKLP盤のマスターから本編を収録したリマスターとなっています(従前のCDでは名曲「SAVE A PRAYER」がエディットされている等、編集されています)。
サウンドの質・楽器の定位もこれまでのCDとは異なっているので、旧CDも手離すことなく楽しめますよ~。

一応、ブック形式の2009年リリースのCDの画像も掲載して置きますネ。
d0282392_15492320.jpg

[PR]
# by ddbj2 | 2015-07-19 15:50 | dd official item | Comments(0)

DURAN THE NEWS(2015-PRE SUMMER PT2)

ここに来て、相次いで続報が!更新せねば(汗)。
d0282392_10375533.jpg

まずは、「UNSTAGED」が無事ソフト化!!!しかも、国内盤でDVDはもちろんBLU-RAYでも同時リリース。現時点で発売日は9月2日。新譜発売1週間前ですか・・・。
この映像は以前にもご紹介したとおり、個人的な「ウリ」は各楽曲の翻訳入りって点です。大丈夫ですよね?字幕選択機能。これだけはメーカーさん頼みます!


そして、新譜「PAPAER GODS」、ボートラを含めた曲がどうやら下記のようになりそうです。

1 Paper Gods (feat. Mr Hudson)
2 Last Night in the City (feat. Kiesza)
3 You Kill Me with Silence
4 Pressure Off (feat. Janelle Monáe and Nile Rodgers)
5 Face for Today
6 Danceophobia
7 What Are the Chances?
8 Sunset Garage
9 Change the Skyline (feat. Jonas Bjerre)
10 Butterfly Girl
11 Only in Dreams
12 The Universe Alone
13 Planet Roaring (Bonus Track)
14 Valentine Stones (Bonus Track)
15 Northern Lights (Bonus Track)

そしてこちらも国内盤がワーナーミュージックから発売決定!ちなみに、上記の映像はソニーピクチャーズからのリリースです。


ところで、先行リリースの「Pressure Off 」ですが、皆さん如何でしょう?個人的な分析は、↓

①UPTOWN FUNK(MARK RONSON)
②GET LUCKY(DAFT PUNK)
③NOTORIOUS/BIG BANG GENERATION/NITE RUNNER(DURAN DURAN)
をエエトコドリで3で割った感じ。
①②はそれぞれ大ヒットしましたしね~~。

また、個人的な回想で、一番フィーリングに近かったのが、コレ(↓)
d0282392_10521093.jpg

1984年の「THE WILD BOYS」のレコーディング中にサイモンとアンディーが参加したリミックス・ヴァージョンSISITER SLEDGE「LOST IN MUSIC」の1984MIX(通称DURAN DURAN REMIX)!
d0282392_1055349.jpg

曲のテンポとか、全面ナイルのギターとか、この頃のサイモンの歌声とかが、マッチしてしまいましたネ。
アルバムの曲もおそらく小出しにアップされていくと思いますので、9月の正式リリースまで楽しみです!!!


あ~、今回も「RIO」再リリースのネタに行きつかなっかった・・・。購入後には必ずアップします!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-06-28 11:01 | duran's news | Comments(2)

DURAN THE NEWS(2015-PRE SUMMER)

梅雨真っ只中ですが、DURAN THE NEWSです!
d0282392_21233781.png

まずは、新譜の情報!と思った貴方を裏切る(それほどでもない)ニュースから!
d0282392_211333.jpg

先日の「UNSTAGED」の鑑賞レポで、一説ふくみを持たせた情報から。
現在公開中の「ハンガーゲーム(FINAL レジスタンス)」。映画館に行ったとき、偶然にもチラシを発見。これ、日本ではほとんど話題にもなっていなかったサントラですが、チャーリーXCXの曲で、サイモンがフィーチャリングされた曲「Kingdom」が収録されていたのです。
このサントラを購入した時、この映画に興味が無かった(というか、全く知らない)のですが、結構ヒットしてたシリーズだったのですね~。
まー、曲自体はDURAN FAN必聴!な程でもないので、とりあえずサイモンファンはどうぞ~。


さ~、続いて、キマシタ!!!本当に新譜のリリースが決定!
欧州圏では9月11日、米では9月18日リリース。
タイトルは「PEPER GODS」に決定!じゃ、邦題は「紙神たち」か??(笑)
バリエーションは、①ファン・エディションCD、②①のTシャツ付、③アナログLPにTシャツ付などが発売予定。
d0282392_2123182.jpg

リードシングルも予定通り「PRESSURE OFF」 →https://www.youtube.com/watch?v=l2SZQANHOZc 通しで試聴した感想を。

①「NOTORIOUS」と「BIG THING」のアルバムの中間に置いてもいい感じの曲調でしょうか。結構ジョンのベースはブンビンしてます。
②全編にナイルのギターがフィーチュアされて、まんまシックですが、昨今のロンソンの大ヒット「UPTOWN FUNK」が好みの若い世代にもウケそうです。
③ブリッジ部にジャネル・モネイのボイスを挿入。個人的には、曲のどこかにディストーションのエッジが効いたギターソロをブッこんで欲しかった・・・(おそらく古くからのファンの方も同意見かなと)。
④特筆すべきは、サイモンの声が若い!!艶があるゾ!!アルバムとても楽しみです!!

一応、“NOT FINAL”との注釈付でのアルバムアート。(↓)そら、そうだろ。これじゃ、“DURAN福笑い”じゃね~か?!
d0282392_2127172.jpg

私を含めファンの方は、モトネタはご察知の通りですね。力士(相撲)と左上の白いヒールは何処からの引用か、私には今のところ思い浮かばす。
後は、「RIO(ジャケ&PV)」「DECADE(ジャケ)」「ARENA(MOVIE)/THE WILD BOYS(PV)」「PERFECT DAY(シングルジャケ)」「SKIN TRADE(PV)」「UNION OF THE SNAKE(PV)」「A VIEW TO A KILL(PV)」「THE CHAUFFEUR(PV)」・・・といったところでしょう。

夏のフェス出演から、秋から冬のUS&UKツアーも決定!今後の動向に要注目です!!
日本盤CDの発売は、今回は大手ですので大丈夫でしょう!!そして、日本公演も期待大です!!!


・・・、あ。「RIO」2CDリリースネタを書けずに終わってしまった・・・。次回に持ち越します!!
[PR]
# by ddbj2 | 2015-06-20 22:04 | duran's news | Comments(2)

UNSTAGED(劇場版)

なんとか、観に行くことができました!『デュラン・デュラン:アンステージド』
兵庫県では唯一のロードショウ、西宮ガーデンズ内のTOHOシネマズにて、最終日です!
d0282392_23022444.jpg
d0282392_23023211.jpg
キャパは113席ですが、お客さんは私を含めて・・・13人といったところでしょうか(正確に数えてませんが)。
年齢層は私より年上のお姉さま(汗)、私の隣はご夫婦らしい方でマナーも良く、落ち着いて画面に没頭できました。ありがとうございました。

内容ですが、サウンドは映画館でのデジタル音響ということで、文句のつけようがありません!中央のスクリーンからメインのサウンド、ドムとロンソンのギターも聞き分ける事ができます。

映像も大画面でジョンのシワのひとつひとつまで確認できます!(=これはマイナス効果?笑)

冒頭のリンチ監督の前説では翻訳が入るのは当然として、本編ではMCは翻訳入りとは思っていました。
ところが、親切なことに曲全部にも翻訳が入り、難解なDURAN SONGが和訳で堪能できました!!ここまで翻訳が入った映像(ソフト・放送)は初めてではないでしょうか?

本編はトレーラー映像のとおり、ライブステージは一部(ジェラルドの赤髪等)を除いてモノクロ、効果映像はカラーです。個人的には3D映像にして、この効果映像が立体映像であれば、もっと前衛的に仕上がったと思ってます。

ネット映像(ブートDVD)では細切れでしたが、公開版はモチロンカット無し!ネットでのCMの間のMCも収録し(当然ですが各曲の継ぎ目にアメックスやVEVOの広告は入りません。ですが、最後のサイモンの「サンキュー、アメックス」はカットされず)、エンディングではリンチ監督を呼ぶところまで完全収録です!
d0282392_23021441.jpg
館内では、プログラムが500円で販売され、とりあえず1部購入。
広げると・・・、はぁ??チラシを拡大したポスターとも言いましょうか、タワレコやHMVの店頭でテイクフリーで置かれているものと大差ないシロモノ!
あ~、後味悪っ!!!

PS.
ですが、久しぶりの映画館訪問で、以外にもデュランに関する収穫もあったので、次回ご報告します。

[PR]
# by ddbj2 | 2015-04-25 23:04 | duran's news | Comments(4)

DURAN THE NEWS(2015-APRIL)

更新が滞っており、申し訳ございません。
ですが、DURAN DURANは今日も進んでいます(汗)!
久々のDURAN THE NEWSよろしくお願いします!!

d0282392_21481165.jpg


①デュラン・デュランは、新アルバムを9月リリース予定(多分遅れるでしょうな~毎度ですから)。
リリース元は新たに契約を結んだWarner Bros. Records。
5年ぶりのアルバムは、ナイル・ロジャース、マーク・ロンソン、 Mr Hudsonがプロデュースを担当。
ゲストに元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテらが参加とのこと。

②アルバムからのリードシングルは「Pressure Off」の予定。
d0282392_22440124.jpg
この曲はジャネル・モネイがフューチュアされているとのこと。
部分視聴がYOU TUBEでも可能です。
個人的な印象は、ニューロマ~フューチャリズムが加味された「Nite-Runner」的な曲調を冒頭に、「Big Ban Genaration」的なサビ~「♪AO AO AO♪AO AO」と、なかなか好感が持てる曲に仕上がってます!!

③『デュラン・デュラン:アンステージド』(デヴィッド・リンチ監督・2011年3月23日ロサンゼルスで行われた彼らのコンサートを撮影)の公開が決定!
4月17日(金)より、TOHOシネマズ系列で公開。
公式サイトでは、予告編も観ることもできますね→http://www.duranduran.jp/
昨今のマーク・ロンソン人気で便乗できるか(笑)?

④余談:最近の公式サイトでは、かなりシェイプアップされたサイモンを拝む事ができます・・・が、病気によるものでなければ・・・と勘ぐってしまいます。それほどカッコイイです!!
d0282392_22391592.png

[PR]
# by ddbj2 | 2015-04-04 21:43 | duran's news | Comments(4)

THE RIDERS(LD)

え?何コレ?的アイテムのご紹介です。
レーザーディスク「ザ・ライダー」ヘラルド社映画のソフト、正式な英題名は複数形の「THE RIDERS」1984年制作です。映画の内容は、バイクメイカーとライダー達の栄光・挫折と葛藤、そして悪夢・・・最後は優勝といった感じのモノです。

d0282392_17522723.jpg


今回紹介した理由は、私が知る限りDURAN DURANの楽曲で、最初に映画にサントラとして採用された初めての映画という点です。ちなみに主題歌は、クイーンのロジャー・テイラー「炎のロックスピリット(MAN ON FIRE)」で、クイーンの曲も挿入されています。

d0282392_17525893.jpg


そのデュランの楽曲ですが、「HUNGRY LIKE THE WOLF」がレースシーンに採用されています。
ここで注意いただきたいのが、この映画を検索すると、「THE REFLEX」が挿入されているとの記載がほとんどのサイトで見受けられます。
おそらく、最初にレビューした内容をコピペもしくは情報を鵜呑みにされたのでしょうね。オートバイレースの映画で音楽(デュラン・デュラン)に興味がある方は極少でしょうから、そのまま信用されたのでしょうか。

この映画はDVDやブルーレイではソフト化されていないようです。音楽はTHE FIXXやSIMPLE MINDSも挿入されていました。
[PR]
# by ddbj2 | 2014-11-03 17:54 | dd official item | Comments(4)

DRUM/SIMON LE BON(VHS&LD)

d0282392_21124154.jpg


久しぶりにサイモンの映像「DRUM」を観賞しました。
改めてみると、まずまずうまくまとめられているな、と(所々で妻ヤスミンも出てくるし)。

一番のオドロキは、サイモンはともかく、このレースには当時のマネージャーのポール&マイケル・ベロウ兄弟も同乗(&プロモート)していた事です!!
ホントはこのヨットレースに参加したかったのは、両兄弟だったのか?(→サイモンはうまくノセられた???)
当時はそこらへんは(日本では)音楽雑誌の記事にされなかったので、ホントのところは、どうなんでしょうかね~?どなたかご存知です??

この映像は、今では購入意欲のある人はほとんどいない(リリース当時も同様)ので、DVDとかブルーレイの再発売もありえないでしょうね。今度観るのは何年後かな・・・。


-------------------------------


・・・と、一旦記事にしましたが、検索したところ、ナ・ナント2007年にDVDで再発売されていたことが判明しました!!購入できれば、再度記事にしますので、何卒ご容赦くださいませ。。。
[PR]
# by ddbj2 | 2014-10-04 21:13 | dd solo&others | Comments(2)

DURAN THE NEWS(2014-AUG)

最近のニュースを集めてみました!

①英国の音楽と楽器のサイトMusicRadarによる「歴代最高のベーシスト TOP60」を発表。ナント!ジョン・テイラーが1位!!(ポール・マッカートニー10位・バーナード・エドワーズ14位)
http://www.musicradar.com/news/guitars/the-60-greatest-bassists-of-all-time-279007/60

②ナイル・ロジャースが自身のサイトで、「デュラン・デュラン・フェイバリット・ソング」を公開!
http://nilerodgers.com/blogs/planet-c-in-english/2992-some-of-my-fave-duran-duran-songs
なお、ナイルはマーク・ロンソンと共にデュランのニューアルバム(2015年春リリース!!)に参加している写真がオフィHPでも出てましたね!このアルバムには、ジョン・フルシアンテ(John Anthony Frusciante ~レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリスト、ボーカリスト)も参加しているらしい。

d0282392_11432429.jpg

[PR]
# by ddbj2 | 2014-08-15 11:43 | duran's news | Comments(4)

A DIAMOND IN THE MIND - DIAMOND DUST LIMITED EDITION

d0282392_2036414.jpg

無事、届きました!2枚組みレコードです。
わざわざVINYL FACTORYで注文したのですが、アマゾンやHMVでも入手できるんですね~。

普通のジャケットだと思ってましたら、ナルホド!「DIAMOND DUST」の意味が解りました!画像ではイマイチかも知れませんが、「D」のマークには金のスパンコールみたく吹きつけがされています。
なかなかゴージャスで良いではないか~~。

d0282392_20362328.jpg


その他は特筆すべき内容はありません。限定番号もサインなどもありません。
コレクターとしての性ですね。ご無沙汰してましたが、今後も更新していきますのでヨロシク。


*
[PR]
# by ddbj2 | 2014-06-05 20:44 | dd official item | Comments(2)

MICHAEL DES BARRES [CARNABY STREET(CD+DVD)]

d0282392_1675130.jpg

 お待たせ?しました!!マイケル・デ・バレスの超本題のご紹介です。
 このCDは2013年2月にリリースされた、彼の26年ぶりに発表したアルバムです。帯によると、ロンドンのカーナビーストリートでの体験を下に作られた自伝的側面をもつもののようです。

 正直、そんなものはどっちでも良いので(ファンの方ゴメンサナイ)、肝心なのはDVDです。
 帯には単純にPVやライヴを収録とあり、アマゾンでの商品紹介でもディテクティブのことくらいしか紹介されていません。
 

 ・・・で、もったいぶらずにネタバラシですが、ナ・ナント!!このライブDVDには、パワーステーションでのライブエイドの2曲が収録されているのです!!!
 リリースされているライブエイドのDVDには、DURANは収録されていますが、パワステはオミットされていますので、オフィシャルなリリースはおそらくこれが初出でしょう。
 ドンジョンソンのメンバー紹介から、「ザ・パワー!ザパワーステーション!!」とのMCを経て「MURDERESS」、そして「GET IT ON」になだれ込みます!!

 この2曲のために、日本盤(初回限定?)を買う価値は大いにありますよ!!彼の往年のファンの方にはシルバーヘッドのPV「16才で・・・」も貴重な収録だと思います。
[PR]
# by ddbj2 | 2014-02-09 16:24 | dd solo&others | Comments(0)

RIO [CONTAINS CD VERSION OF THIS LP]

d0282392_14373554.jpg

 個人的には2013年一番の発掘アイテム(=情報収集不足でもありますが)、「RIO」のアナログLP+CDセットのご紹介です。

 何が珍しいって、まずはその形状。アナログ盤の中にCDが封入されての販売です。盤はシールドされており、その中にアナログLP・インナーバッグとペーパースリーブCDが入っておりました。
 LPの型番はAVLP3で、2011年リリースされたEU盤です。CDは別番号でEMCD3411です。

d0282392_14375088.jpg

 シールには「ALSO CONTAINS CD VERSION THIS LP」となっており、購入時はLPはCDヴァージョンのマスターを使用しているとは思っていましたが、CDがその中に入っていることについては、開封するまでは半信半疑でした。

 LP盤は昨今の流行どおり、やや厚めの重厚仕様(180gほどではないです)です。
 CDについては、2009年リマスターで型番3411・・・でピンと来たデュラニーズは言うまでもありませんネ!そうです、限定で発売となっていた「RIO 2CD LIMITED EDITION(EMCX3411)」の2枚組みCDに収録されていた{ORIGINAL UK ALBUM}の収録でした!

 しかし、上記2CDの本編はそのUKヴァージョンとUSミックスでの収録でした。ここではようやく、オリジナルUKLPマスターからの単独初CD化が実現しました。
 よって、PVも収録されていませんし、「SAVE A PRAYER」もアナログ盤どおりのロングヴァージョンでの収録です。この曲は現行CDでの、エンディングにおけるサビ部分の繰り返し部分は、リピート回数が少なくライヴで慣れ親しんでいる当方は違和感がありましたので、やはりこのオリジナルでの「尺」がベストです。

 なお、このCDは単独でのリリースは無いようで、「Part of a 2disc set. Not to be sold separately.」の標記がCDジャケットに明記されていることも付け加えておきますね。
[PR]
# by ddbj2 | 2014-01-03 15:04 | dd official item | Comments(2)

MICHAEL DES BARRES [SOMEBODY UP THERE LIKES ME(REMASTER)]

d0282392_10174969.jpg

 今回は人知れず?リマスターでリイシューされていました、マイケル・デ・バレスの「虚構のアウトロー」のご紹介です。ベタな日本語標記では上記の通りですが、発音風では、マイケル・デ・バーらしい。
 
 内容ですが、1986年にリリース。ロバートパーマーの代役で参加したパワーステーションのツアーのノリで作成されたと言っても過言ではないでしょう。

 リリースは「NOTORIOUS」より前だったと思いますので、アンディーは完全には脱退していない頃の参加だったと記憶してます。アンディーのソロとも平行しての活動時期だったので、このアルバムにもスティーブ・ジョーンズと共に参加しています。

 その他のバックは、ジム・ケルトナー、ローレンス・ジュバー(元ウイングス)、ホーンセクションにはタワーオブパワーといったラインナップです。

 肝心の内容ですが、シングルカットされたM1「MONEY~」・タイトルチューンのM6・パワステのライブでも披露されていたM7&10は、コマンドーの主題歌と同様のマイケル版パワステのノリですが、残りの曲は正直肩透かし。しいて言えば、ドン・ジョンソン(今の世代の方ご存知?)が歌ってもシックリくる曲調、ちょっとハードな80’SのAORです。
 

d0282392_1018395.jpg

 このリマスター盤のブックレットでは、ギターソロの詳細はオミットされているので、オリジナルから下記の通りアンディー関連のみ転載します。
 M1はリズムギターのみ・M3はセカンドギターソロのみ(1STソロはスティーブ)・M10はギターソロがアンディーです。

 上の画像がリマスター前のCDで、型番はVDP-1126。日本ではビクターからの発売でした。リマスターでリイシューされるなんて思っていなかったので、大切に保管していましたが、今回のリマスターの仕上がりは◎ですので、既に観賞(!)用です。


d0282392_10181427.jpg

 さらに、既にその初回CD化で観賞用となっていたオリジナルLP(型番VIL-28047)です。帯のコメント、凄いですね。「英雄(ヒーロー)は異端の形象!」ですと。インナーの写真はパワステのライブからでしょう。


 
 なお、実はこのリマスター盤のリイシューを知ったきっかけとなったCDが本当は本題だったので、次回にご紹介いたしますので、「デ・バー」ネタは続きます!!
[PR]
# by ddbj2 | 2013-12-30 10:52 | dd solo&others | Comments(0)

NO ORDINARY EP

d0282392_17362938.jpg


 本日、手元に到着しました!アナログ盤10インチです。盤面は画像の通り、ホワイトのしっかりしたツクリでした。大手ネット量販店で購入したので、ナンバリング等は無しでシールドされておりました。
 
d0282392_17364160.jpg


 内容といえば、「ORDINARY WORLD」が収録されていると思いきや、1993年のタワーレコード・サンセットのライブ3曲でした。それもそのはず、そもそも「NO ORDINARY EP」とは、US版プロモカセットでしたので(当方未所有)。但し曲順は、今回リリースされたこのアナログ盤とは異なっています。
 なお、このEP収録のライブ「COME UNDONE」は、日本盤CDシングル「TOO MUCH INFOMATION」等に収録されました。
 またコレクターズCD「HOLLYWOOD 1993(GSCD 1268)」「WORLD BROADCAST(HAWK023)」「RETURN RETURN(BIG071)」等にもこのライブは収録されています。



 あ・・、当方のブログの性格上、上記3コレクターズCDは紹介せねば・・・と思いつつ、今回はココまででご勘弁を!
[PR]
# by ddbj2 | 2013-12-21 17:46 | dd official item | Comments(4)

SWAROVSKI SPARKLING SECRETS

d0282392_1015117.jpg


「SWAROVSKI SPARKLING SECRETS」が12月9日まで阪急うめだ本店で開催されています。
~~クリスタルジュエリーで世界を魅了する、スワロフスキー社118年の歴史をひもとく展覧会です。貴重なアーカイブジュエリーの展示などを通して、スワロフスキーの「輝きの秘密」に迫ります。~~

なんで、当ブログで紹介???とお思いでしょうね。
モチロン、DURAN DURAN繋がりですよ~!なんとっ、 デュラン・デュランのミュージック・ビデオ「ガール・パニック!」のために制作されたクリスタル製のギターストラップとマイクが展示されてるんです!!

d0282392_10153155.jpg
d0282392_10155147.jpg


スワロフスキーのジュエリーはそれなりに購入してるんですが、たまたま別のDMで知りました。
なお、行かれる方に助言。入り口でクイズラリー用紙を受け取りますが、「賞品」は当日受け取ることはできません。出口でアンケート(個人情報記載・DM案内向け)を記載して箱に投函し「抽選」です。私はスルーして出てきましたよ~。



長々と冬眠してました当ブログですが、そろそろエンジン掛けたいと思いますんで、ご愛好お願いしま~す!
■■■コメント欄も再開しました~~■■■

[PR]
# by ddbj2 | 2013-12-01 10:25 | duran's news | Comments(0)

Don't Suppose... (CD)/Limahl

d0282392_17282250.jpg


 以前、レコードはご紹介させて頂いておりましたリマールの1STアルバムですが、昨年無事に正規盤でCD化されていましたのでご紹介します!

 収録内容は、日本盤の初発版ではなく、「NEVER ENDING STORY」を収録した新装版です。これにボーナスで「NEVER~」の12インチヴァージョンと「ONLY FOR LOVE」の12インチヴァージョンの2トラックを追加した内容となっています。


 ん~~~、不満です。

 まず、その1.折角の初CD化なのに、ボートラが未熟ですね。「ONLY~」の12インチは初CD化でしょうが、2NDシングルの「TOO MUCH TROUBLE」は絶対必要でしょ。DL版では1STシングルB面の「OTT」(=KAJAGOOGOO在籍時にライブでも演奏!)も収録なんだから、収録時間に余裕があるんですから、これまた必須のハズ。インスト・ヴァージョンも皆無だし・・・。

 その2.日本盤の初発版のみ収録されていた「TAR BEACH」は是非とも収録して欲しかったです。「NEVER~」を含んだ新装版ではリミックス・ヴァージョンに差し替えられてましたからね。でも、日本以外の他国ではリリースされていないから、マニアではない限り、今回収録のヴァージョンがオリジナルと思っているんでしょう。

 なんせ、個人的には新装版は「NEVER~」がヒットしてからのリリース=後だしジャンケンとの認識ですから、リアルタイム世代のワタクシとしては認めがたいんです(DURANの1STに「IS THERE SOMETHING~」が一時収録されたのと同様と言えばお解かりかな?)。

 等々、不満だらけですが、いつかEMIからリリースされることがあれば、上記の不満が解決されると思いながら、初CD化については評価しましょうかね。あ、当CDは「GOLD LEGION」というレーベルで、Laura BraniganやGrace Jones などもCD化している(おそらく)アメリカの会社からのリリースであったことも追記しておきます。


 
 
[PR]
# by ddbj2 | 2013-02-10 17:54 | kajagoogoo | Comments(2)

WITH  COMPLIMENTS

d0282392_22555255.jpg


 新規一転、よろしくお願いいたします!新ブログでの最初のご紹介は、DURANアイテムの中でも最初期のレコードをご紹介しますよ~。

 型番は「PROMO 1」とシンプルな番号のオランダ盤です。ジャケットは12インチシングルと同様と申しますか、上から取り出す仕様です。


SIDE A
Planet Earth(Night Version)Special Disco Mix
SIDE B
Careless Memories
Planet earth


 収録内容は上記の通り、それなりですが、ジャケフォトは1STのアウトテイクフォトですね。心なしかメンバーの表情がリラックスした感じに思えます。 

 余談ですが、2003年に1STがリマスターCDでリイシューされた際、輸入盤の紙製ジャケット仕様のCDでのインナーでこのアウトテイクフォトが目出度く復活!(笑)してますので、お持ちの方は是非ともご確認を!(ちなみに国内盤のブックレットには掲載されていませんでした。。。 


 こんな感じで、相変わらず重箱の隅をツツクネタで継続したいと思ってますの、よろしければ今後もご愛好の程お願いします!!

 
[PR]
# by ddbj2 | 2013-01-14 23:17 | dd promo item | Comments(2)